穴を掘る人のスペイン冒険の旅 vol.5

スペインに戻りましょう。

その狙っているMeditations Holeのための土地まで、車では15分なのに徒歩だと山を登って1時間。

車がなかったので歩いて行きました。

すると、その敷地の隣の家の裏庭に、高さ3-4mの大仏が鎮座されていました。

え?

どういうことかわからず、その家を四方八方から覗き込むと、どうやらアートみたいなものが山ほど置いてあります。コレクターなのでしょうか、、でもなぜ大仏?

後からわかりましたが、スペインでは、よく大仏を見受けます。流行り?ともいえる、深い信仰心ではないみたいです。でもかと言ってブッディストの日本人が家にキリストとかマリア様を置いたりは、、、なかなかしませんよね。ガネーシャならあり得るか。

宗教観もだいぶ淘汰されてきたとも言えます。日本人はよく教会で結婚式をしますよね、あれはクリスチャンにとって意味不明です。

 

さて、そうこうしているうちに、ビザについての問題が立ちはだかります。なんせ観光ビザというのは、シェンゲン協定国の中に、180日中90日しかいられません。

その他のビザをゲットするには、500,000€以上(約7000万円・2022年現在)の不動産投資か事業投資、会社設立、就職して労働ビザ、婚姻ビザ、くらいが普通に考えられる可能性です。

私の状況で1番可能性があるのは、、会社?ということでいくつか法律事務所に行ってみました。

数社とも同様に、日本の会社の子会社を作るというのがいいのでは?とのことで、

その中で良心的だった1社に、地方創生や活性化をメイン事業に提出して、見積書を出してもらうと、初期費用17,000€(当時日本円で250万円ほど)、その後の月々もかなり…とのことでした。現地ローカルの法律事務所はそんな破格ではありません。恐らく10分の1でしょう。

 

ひとまず保留。w

こういう時は置いておくのが良い。粘らない。

人間って、'諦めない!'みたいに頑張ってきたけど、

'諦める!' も大事だと私は思います。

時が来れば動き出すのですから。足止めは、その時じゃないサインだったりします。

とにかく無理をしない。

無理矢理動かそうとしても、身体が疲弊しますし、プレッシャーで心の平穏も保てません。

 

このスタンスもやはり、人生の体験で学びました。

だって私たちは、この星に、この身体を持って、

'体験するため'

に生まれてきたのですから。

 

この件に関しては、無理だったら、規定の期間でシェンゲンを出る、それで解決なのです。帰れのサインかもしれませんし、とにかく起こったことを受け入れれば良いのです。

だって私たちは、何が起きても幸せで、豊かなのですから。そんな体験を、させてもらったのですから。

闇を知って光を知る、光があれば陰がある。

ただそれだけです。

笑い飛ばしていればいいのですw

 

ANA